経費削減をしよう!

交通費

企業でかかる経費の中に、毎月一定料金支払わなければならない固定経費がにあります。この固定経費を削減するのは非常に大切な事です。

以外にかかる交通費

その固定経費の中に交通費というのがあって、これをよくチェックしておかないといつの間にか、交通費がかなりかかってしまっているという場合があります。この交通費の経費削減をするために、会社内である程度のルールを決めておく必要があります。

交通費は全ての従業員に均等に支給するべきものでもあります。そのため通勤距離の決定方法や、交通手段を決めたりその具体的な交通費の支給方法までしっかりと定めておきましょう。この交通費を支給する時にキチンと見ておきたい事は、その通勤時の交通手段や道のりが最短で会社まで来れる方法なのか、その交通手段の料金が一番安くすむ方法かを確認しましょう。

交通費のチェック

自宅から会社までの通勤路には、いくつかその通勤路を選択することができる場合があります。おそらくどの通勤路にするかでその交通費自体の金額も替わってくると思います。特に従業員に自ら通勤路や交通手段を申告させる会社の場合は、その通勤路と交通手段が本当に最適なものかを、チェックしておきましょう。

また、この交通費というのは、支給された従業員の所得税の対象外になります。所得税法では所得税対象外の金額というのは1月に10万円以内と決められています。会社からだいぶ遠いところに従業員がくらしていて、その特定の従業員にだけ交通費が多く支給されるのは、ほかの従業員からも不満が上がる恐れがあって、会社の経費削減の側面から見ても早い段階で対策をしておかなければなりません。

その対策として交通費の最大支給額を定めておいて、それを超えてしまう交通費に対しては自己負担としておきます。
その他には定期券等を現物支給して交通費としたり、その場合には長期使用する割引率が高い定期券を選んで支給することでも、経費削減できます。

自動車を使わない

最近では原油の高騰で交通費に直接影響の出てしまうガソリンも高くなっています。ガソリンもそうですが燃料が高騰すると会社の経費削減には大きな足枷となります。低所得化もあって家庭等では移動の手段を、自動車から自転車に替える所もあるようです。会社への通勤や業務時の移動を自転車にしようとまではいかないですが、少々遠くても歩いていける距離ならば自動車を使用せずに徒歩でいくのも経費削減になります。

オフィス経費削減へ戻る

Valuable information

ワーキングホリデーでカナダに行く

http://affinity-canada.jp/

最終更新日:2014/11/12